賢く印刷しよう

女性と説明する男性

品質にこだわり鮮やかな発色を追求

okiというメーカー純正のトナーとは異なり、別のメーカーが製造している互換トナーは当初はその品質を疑問視されていました。 実際に、okiが作るトナーとは印刷の発色から大きな違いがありましたが、その安さから発色の多少の違いなど気にしない人も多かったのです。 ただし、それも過去の話であり互換トナーを製造するメーカーは研究を続け、okiのメーカー純正トナーに限りなく近づけた発色を追求し続けてきたのです。 現在では純正トナーよりも格段に低価格で、ほとんど発色や品質の変わらない互換トナーを製造しているメーカーもあります。 印刷の美しさも変わらず、ただ価格だけ安いという互換トナーは、これから安さを求める人だけで無く印刷の品質を求める人にも広く購入されることでしょう。

純正トナーと比較して段違いのコストパフォーマンス

品質はほとんどから和無い純正トナーと互換トナーですが、それぞれを使用する場合ではコストパフォーマンスが比べものにならないほど違ってきます。 okiのメーカー純正トナーはそれだけ高級品であり、しかも純正品の場合値下げがされる可能性がかなり低いのです。 その点、互換トナーならば元から低価格であり、しかも場合によっては大幅の値下げが期待できるでしょう。 上手く値下げ時にまとめ買いすることができれば、さらにコストを下げることができるかもしれません。 印刷の品質にこだわらなければ、さらに安価なリサイクルトナーでも良いかも知れませんが、コストパフォーマンスを追求しつつ、印刷の美しさを追求するならば断然互換トナーが推奨されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加